StemCell Keep

ステムセルキープ(StemCell Keep)

フナコシ株式会社

霊長類ES / iPS細胞用のガラス化凍結保存液
ステムセルキープ(StemCell Keep)

ステムセルキープは,ガラス化能を高く維持したまま細胞毒性を低く抑えるよう最適化された,霊長類ES / iPS細胞用のガラス化凍結保存液です。

既存のガラス化凍結保存液DAP213の場合は10~30秒以内に保存しなければ解凍後の生存率が大幅に低下しますが,ステムセルキープは1分以内が目安のため操作がしやすくなっています。熟練した技術は必要ありません。

ステムセルキープの凍結保存例

ヒトiPS細胞を既存のガラス化凍結液(DAP213)および本製品で1週間凍結保存し、解凍翌日のコロニー形成率および4日後の細胞数(回復率)を非凍結群に対する割合(%)として示した。本製品で凍結した系では明らかに高い保護効果が見られた。

ステムセルキープの凍結保存例

ステムセルキープの特長

  • 分化に影響を与えると言われるDMSOや,動物性タンパク質成分を含んでいません。
  • ガラス化法での保存によりコロニーのまま凍結保存できます。
  • 幹細胞の多分化能(未分化状態)を維持したまま凍結保存できます。
  • 安全性が高い新規凍結保護物質(特許出願中)の,高い細胞保護作用とガラス状態維持作用により,さらに効率よくES / iPS細胞のコロニーを凍結保存できるようになりました。
  • プロトコルに従って使用した場合,100バイアル分の保存が可能です。
  • 無菌試験により細菌,真菌,マイコプラズマの混入がないことを確認しています。
  • 本製品は4℃で長期間安定に保存できます(有効期間2年)。

商品コード、容量、価格等の最新情報は、下記のフナコシ株式会社ウェブサイトをご参照ください。
 使用方法をまとめたフライヤーや動画、およびサンプル申込みフォームもあります。ぜひご覧下さい。
霊長類ES / iPS細胞に適したガラス化凍結保存液 ステムセルキープ(StemCell Keep)
https://www.funakoshi.co.jp/contents/4472?iguide

本製品は研究用です。臨床用途には使用できません。

製造元:株式会社バイオベルデ  販売元:フナコシ株式会社

ステムセルキープの開発経緯

ステムセルキープの開発経緯

MEMO

DAP213などDMSOを含む保存液の問題点について

DMSOは一般的に細胞凍結保護成分として保存液に添加されていますが,人体に有害な成分として知られており,特に皮膚からの吸収性が高くなっています。細胞毒性を示すだけでなく,下記の論文で報告されているように,細胞の分化にも影響を及ぼす因子の一つであることが明らかになっています。従ってES / iPS細胞の保存にDMSOを使用することは望ましくありません。既存のガラス化凍結保存液であるDAP213は,高濃度のDMSOに加えて発癌性が指摘されているアセトアミドも含んでいます。また高い溶質濃度を有するため,浸透圧による毒性も指摘されています。

参考文献

  • マウスの骨髄間葉系幹細胞はDMSOにより心筋細胞へ分化する。
    Young, D. A., et al., Biochem. Biophys. Res. Commun., 322 (3), 759~765 (2004).
  • ヒトES細胞をDMSO含有保存液で凍結保存すると,未分化マーカーであるOct-4の発現が低下する。
    Katkov, I. I., et al., Cyobiology, 53 (2), 194~205 (2006).

ステムセルキープの使用例

ステムセルキープで凍結したヒトES細胞の,解凍後のコロニーの大きさ

京都大学由来ヒトES細胞(KhES1)をSNLフィーダー細胞に播種し,培養後3, 4, 5, 6日目にアルカリホスファターゼ(AP)染色した。

ステムセルキープで凍結したヒトES細胞の,解凍後のコロニーの大きさ

ステムセルキープで保存した細胞は3日目からコロニーが観察でき,コロニーの大きさはDAP213で保存した細胞に比べて大きかった。

ステムセルキープで凍結したヒトiPS細胞の,解凍後の未分化マーカーの発現

ステムセルキープで凍結したヒトiPS細胞の,解凍後の未分化マーカーの発現

(A)アルカリホスファターゼ(AP),(B)OCT-4,(C)SSEA-4,(D)TRA-1-60のいずれも陽性で,未分化状態が維持されていることがわかる。

ステムセルキープで凍結したヒトiPS細胞の,解凍後の多能性評価

解凍後のiPS細胞を未処理プレート上で培養し,胚様体を作製後,通常の培養プレートにて1週間培養した。

ステムセルキープの開発経緯

三胚葉由来のタンパク質が検出された。

商品コード、容量、価格等の最新情報は、下記のフナコシ株式会社ウェブサイトをご参照ください。
 使用方法をまとめたフライヤーや動画、およびサンプル申込みフォームもあります。ぜひご覧下さい。
霊長類ES / iPS細胞に適したガラス化凍結保存液 ステムセルキープ(StemCell Keep)
https://www.funakoshi.co.jp/contents/4472?iguide