HOME > 関連ツール・試薬のご紹介 > Cell³iMager シリーズ

Cell³iMager シリーズ

2D培養 3D培養 両対応
ライブセルイメージングの新提案
Cell³iMager duos
- 圧倒的な明視野解析と人工知能による細胞分類テクノロジー -

Cell3iMager duos

メニスカスに影響されないクリアなウェル全面画像
独自設計の光学系により、ホールウェルをクリアに解析可能。

Cell3iMager duos

蛍光撮像と明視野撮像の重ね合わせ撮像と定量
重ね合わせ蛍光画像と明視野画像の判定

Cell3iMager duos

サイズ、色、形状、テキスチャ等の特徴で細胞の増殖を機人工知能で自動判定

Cell3iMager duos

iPS細胞撮像サンプル

Cell3iMager duos


Cell³iMager シリーズ

SCREENホールディングス

iPS細胞のEB経過観察や、分化未分化細胞の面積計測に最適な高速細胞イメージャー
Cell³iMager シリーズ

ラベルフリーでの明視野撮像が可能な高速細胞イメージングシステム。1∼3分のスキャニングと30秒の計測で、細胞の面積や個数、疑似体積などの定量化が可能です。

一度にプレートを4枚まで計測できるCell³iMager、
省スペースでラボ用デスクでの使用に最適なCell³iMager neo、細胞一粒単位での高精細計測が可能なCell³iMager duosの3機種をラインナップしています。

使用説明書及びプロトコル

Cell³iMagerシリーズ 4つの特長

神経細胞への分化誘導

特長 1

90秒で、ウェル全体を定量可能
※96well 2400dpiの場合

特長 2

検査試薬不要のラベルフリーで細胞分析・計測経過観察にマッチした統計処理が可能

特長 3

自動細胞分類システム(ACMC)。
選りすぐられた細胞形状パラメータが、細胞を正確にトレース。
※Automatic Cell Morphological Classification

特長 4

フォーカス合成
ソフトアガーやゲル培養時にも、多層スキャンで、立体構造を正確にキャッチ。
深さ方向の焦点合成で、厚みのある培養系の定量を実現。

Cell³iMager&Cell³iMager neo

iPS細胞やES細胞の胚様体(EB)形成における分化状態を、ハイスピード計測し定量化します。

EB胚様体の経過観察

神経細胞への分化誘導

複数層をスキャンすることで、培養ディッシュ内・寒天培地(アガー)で形成したスフェロイドも、ラベルフリーでの経過観察が可能です。

ソフトアガー

神経細胞への分化誘導

Cell³iMager duos

ホールウェルにおける均一・高精細画像取得が可能で、広範囲を一括計測できます。

神経細胞への分化誘導

機械学習アルゴリズムを搭載、研究者の判定に限りなく近い生死判定や分類を行なうことができます。

神経細胞への分化誘導

お問い合わせは、
株式会社SCREENホールディングス
ライフサイエンス事業室
TEL:075-931-7824
screen_lifescience@emis.screen.co.jp

(株)SCREENホールディングスホームページは、こちら
リンク先URL:http://www.screen.co.jp/