HOME > 関連ツール・試薬のご紹介 > iPSアカデミアジャパン株式会社

iPSアカデミアジャパン株式会社

iPS細胞関連特許・ライセンス契約のご紹介

iPS細胞関連特許・ライセンス契約のご紹介

iPSアカデミアジャパン株式会社

特許ポートフォリオ

京都大学のみならず、広く国内外機関からiPS細胞関連技術に関する特許および特許出願につき、再実施権付実施許諾を受けております。特許出願件数は約470件(約130ファミリー)にのぼり、そのうち約240件が特許権として成立しております(日本、米国、欧州を含む全世界)。 (2017年9月現在)

http://ips-cell.net/j/patent_top/

iPS細胞に関連する幅広い技術分野をカバーした特許ポートフォリオ

神経細胞への分化誘導

<特許出願の導入元>

AIST / 大阪大学 / 岐阜大学 / 京都大学 / 京都府立医科大学 / JBiC / 聖マリアンナ医科大学 / 東京女子医科大学 / 名古屋市立大学 / 日本大学 / 量子科学技術研究開発機構 / Accellta Ltd. / Auckland UniServices Limited / Axiogenesis AG / Exploit Technologies Pte Ltd 等

ライセンスプログラム

iPS細胞及びその周辺分野に特化した技術移転機関(承認TLO)として、京都大学が保有するiPS細胞基本特許をはじめ多くの大学等が所有するiPS細胞及びその周辺技術分野における特許に関して、企業の皆様に適正な条件でそれら特許の実施権を許諾(ライセンス)しています。

http://ips-cell.net/j/license/program.html

あなたはどのタイプ?

iPS細胞を再生医療、細胞治療、移植等、
ヒト・動物の治療、予防、診断等の医療用途に使用しますか?

あなたはどのタイプ?

契約①~契約④は企業規模・対象地域等によって契約条件が異なります。
詳細はお問い合わせ下さい。

ライセンスの特徴

  • iPS細胞に関連する幅広い技術分野

    iPS細胞基本特許に加えて、分化誘導方法、細胞分離・精製方法などの特許も、幅広く取り扱っています。

  • 透明性を高めたライセンスプログラム

    特許利用形態別に、ライセンスの主たる条件を決めております。

  • 中小ベンチャー企業様向け経済条件

    中小ベンチャー企業様向けに、特別な経済条件も用意しております。
    詳細は弊社ライセンス部までお問い合わせください

E-mail:license{at}ips-ac.co.jp

※{at}を@に変更の上送信してください。

実績

当社は国内大手製薬企業を含む国内外企業約170社との間でライセンス契約を締結しております。
(2017年9月現在)

http://ips-cell.net/j/license/licensees.html

実績

ライセンス先の業種

ライセンス先の業種

ライセンス先の業種は、医薬品製造業および試薬製造業の両社で約50%を占めております。その他の業種は、左のグラフに示す内訳となっております。